クリーンエナジーについて

少し前まで資源の中でも安いことから、電力は石炭による発電で作られていました。一方、太陽光発電は設備が高く導入にハードルがありましたが、近年は石炭と方を並べられるコストにまで下がっています。太陽光をはじめとしたクリーンエナジーは環境に優しく、またコストはどんどん下がり、導入が広まっていくとされています。

クリーンエネジーとは?

クリーンエナジーはクリーンエネルギーや再生可能エネルギーとも呼ばれており、太陽光や水力、風力、地熱を用いて生産される電力を指します。自然のエネルギーを用いて発電するので、化石燃料を使った設備に比べて大気汚染物質や温室効果ガスの排出が少ないと注目されています。産業用だけではなく家庭用も存在しますが、一昔前は設置に数百万円はかかり、発電しても元を取ることが難しいと言われていました。

しかし、近年は比較的に安価で購入でき、住宅での導入は世界的に広まっています。例えば、日本でも人気の家電量販店「IKEA」は、イギリスで太陽光パネルを販売しました。その太陽光パネルは蓄電池も含んでおり、日本円で換算すると100万円以下で導入できるようです。

他にもドイツやオーストラリア、アメリカ、スペイン、イタリアでは、安価なエネルギーと言われていた石炭発電とか肩を並べるコストにまで下がっています。2021年までには中国やインドでもコストが下がるだろうと言われています。また、2040年までに太陽光発電は66%、陸上風力発電は47%、海上風力発電は71%もコストが下がると予想されています。

石炭の需要が減っている

石炭発電は安さから開発が進みましたが、大気汚染物質や温室効果ガスの排出が多いという点が問題でした。資源は安いとしても、環境対策にお金がかかるので、その点がクリーンエナジーよりも高くなってしまう理由です。ブリティッシュオイル社の調べによれば石炭の需要は減っており、2016年は前年に比べて1.7%も減っていました。

西欧諸国は減少幅がより大きく、アメリカが8.8%、イギリスは52.5%も大幅減っています。この傾向は今後も続くと予測されており、2040年までに欧州は現在よりも87%減少し、アメリカは45%まで減少すると言われています。中国は石炭の脱却までは時間がかかるものの、2026年あたりに消費量のピークを迎えることでしょう。

まとめ

石炭は環境対策にコストがかかり、また枯渇する可能性のある資源であるため、価格が高騰する可能性は十分にあります。その点、クリーンエネジーは普及が進んだことで比較的に安くなっており、環境保全に有効性があることから、ますます発展していくことでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする