太陽光発電アドバイザー

太陽光発電の存在はここ数年でかなり浸透してきました。しかし、太陽光発電アドバイザーという名前は聞いたことがない方も多いのではないでしょうか。今回は、太陽光発電と関係が深い太陽光発電アドバイザーについて解説していきます。

太陽光発電アドバイザーとは

太陽光発電アドバイザーはあまり聞き慣れない言葉ですが、これは太陽光発電の購入や設置、運用などを経済的・技術的な視点から専門的な知識を有する認定制度のことです。日本住宅性能検査協会が認定する太陽光発電の知識、及び行動規範を持つ証拠として普及しつつあります。

太陽光発電は地球環境の問題から注目されていますが、その一方で知識不足によるトラブルが懸念されています。太陽光発電アドバイザーは2012年10月から資格取得が始まりました。今後さらに太陽光発電が普及されることによって有資格取得者の必要性が問われることになるでしょう。

太陽光発電アドバイザーの資格取得のメリット

太陽光発電事業では、消費者からの太陽光発電に関するトラブルや課題対応が増えてきています。太陽光発電アドバイザーを取得することによって、どんなメリットが得られるのでしょうか。

業務範囲が広がる

太陽光発電を設置する際は施工時の技術的な対応にとどまらず、法律や経済効果、行政問題など様々な課題が付きまとってきます。太陽光発電の販売事業や施工会社はもちろんのこと、不動産や金融関係などこれまでの業務を拡大させる切り口になるでしょう。

専門性がアピールできる

太陽光発電アドバイザーを持つ従業員が在籍していると、専門的な知識を提供しながら消費者の立場に立った助言が行えます。会社に有資格者がいることを消費者にアピールすれば、競合他社との差別化を図れるでしょう。

信頼性が高まる

現代の事業活動は法令遵守が非常に強化されており、不正や不祥事問題を起こすと社会から厳しいペナルティに晒されることになります。正しい知識・技術を持つことは、こういった信頼の失墜を回避することにもつながるため、信頼の証として主張できます。取得者自身も資格を持っていることで、行動規範を高められるでしょう。

太陽光発電アドバイザーは消費者に対して、太陽光発電についての適切な助言を行い、安心して発電装置を設置できるようサポートしていくための資格です。設置後にトラブルが起きても円滑に解決できるよう消費者を支援していきます。年齢や性別、学歴関係なく試験を受けられるので、顧客のニーズに対応するためにも資格取得を検討してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする