省エネの国イタリア

日本の首都・東京は「夜型」というテーマと共に24時間電力を消費しているライフスタイルを持っています。一方、イタリアでは日本のような24時間営業をしているコンビニやカラオケなどがありません。イタリア人は普段から電力の使用量を最小限に抑える工夫がなされているのです。では、省エネの国と呼ばれるイタリアのライフスタイルについて覗いてみましょう。

屋内の明かりは自然光を利用する

イタリアの住宅は日本に比べて天井が高く、窓が大きめに作られています。日中はほぼ自然光で生活し、照明を使うこともありません。多少部屋の中が薄暗くてもイタリア人はそれほど気にならないようで、夜になってやっと照明をつける世帯がわりと多いようです。

アパート暮らしが基本

イタリアの中心地はアパートが多く立地しており、一戸建ての家はあまり建設されていません。大きな街ではほとんどの住民がアパート暮らしで、階段の照明は自動照明になっています。冬場の暖房に関してもセントラルヒーティングが設置され、使用できる期間が決まっているところが多いのです。これは個人が電力無駄使いをしないよう強制的に設けられたライフスタイルと言えます。しかし、アパートに設置されている暖房器具はバス・トイレなど各部屋に付いているので、省エネには特化していますが快適に過ごせるようになっています。

カーシェアリングに積極的

カーシェアリングの需要は日本でも多いのですが、イタリアではそれをはるかに上回っています。少し前から「ブラブラカー」というサービスが導入され、サイトを通して自分が希望する目的地に同日車で移動する人を探し、相乗りしていくというサービス内容です。運転手は高速料金やガソリン代の一部を負担してもらうことができ、相乗り同乗者は公共の乗り物に支払うチケット代を支払わずに目的地まで車で送ってもらうことができます。ブラブラカーのブラブラは「ぺちゃくちゃ」というネーミングが含まれ、長旅のしゃべり相手にもなる話題のサービスとなっています。

このようにイタリアでは電力エネルギーや燃料を共同で管理しながら、できるだけ省エネで生活していくというライフスタイルを持っています。日本の生活は1日中照明や暖房を点けっ放しにしておくことが当たり前です。イタリアの不便さの中には日本人が見落としている大切なことがたくさん詰まっていると言えます。日本もイタリアのような省エネ生活を取り入れられれば、さらに電力の使用量を抑えることができるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする