エスコシステムズが取得しているエネルギーマネジメントアドバイザー(EMA)とは?

日本はエネルギーの輸入依存度が高い国であることから、エネルギーの転換期を迎えています。このエネルギーの流れや需要に対応していくために、エネルギーマネジメントアドバイザーという資格が新たに認定されました。株式会社エスコシステムズの社員にも「エネルギーマネジメントアドバイザー」の資格取得者が在籍していますが、一体どのような資格内容になっているのでしょうか。

エネルギーマネジメントアドバイザーとは

エネルギーマネジメントアドバイザーは、一般消費者に向けてエネルギーマネジメントを行うために必要な専門知識を習得したことを認定する資格です。太陽光発電や蓄電池、HEMSなど住宅の省エネ化やゼロエネルギー化を利用することによって、将来のエネルギー消費がどのように変化していくかといったノウハウを身に付けることができます。

資格取得は、エネルギーマネジメントアドバイザー認定センターが主催するカリキュラムに参加した後、試験を受ける流れになっています。この資格認定証は2年間有効ですが、認定センターの講座を受講すれば更新することも可能です。

エネルギーマネジメントアドバイザーの必要性

東日本大震災以降、エネルギーへの関心が高まり省エネやCO2削減への関心を身近に捉える方が多くなりました。これは国が策定した「エネルギー基本計画」や「電力の自由化」などが要因となっているのではないでしょうか。これまではエネルギー締結会社の選択肢がなかったため、他人事に近いような感覚を持っていた人が多かったのですが、自分で選択するという変化にエネルギーの使用状況を改善させようという結び付きが得られるようになりました。

エネルギー消費量が金銭に結びつくといった状況も生まれ、さらにエネルギーへの関心が高まってきているようです。従ってエネルギーや省エネ機器を提供する事業者は、顧客からの質問に対して適確な知識とアドバイスをしなければならない状況になりました。エネルギーマネジメントアドバイザーの認定取得はあくまでも手段で、資格を取得したことで日頃の活動にどう活かせるかということの方が重要になってきます。正しい知識を顧客に理解してもらえるよう、適確なアドバイスができるようになることの方が重要とも言えるでしょう。

エスコシステムズではお客様にエネルギーに対する考え方やどのような経済的メリットがあるのか適確に伝えるためエネルギーマネジメントアドバイザーの資格を取得しました。今後変化していくエネルギーに対しての柔軟性を高めると共に、生活に役立つようなアドバイスを心掛けています。今後エネルギーマネジメントアドバイザーの育成において、さらに期待が寄せられていくことになるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする