ZEH 日本の基準

ZEHとは住まいの断熱性や省エネ性能を向上させたり、太陽光発電などでエネルギーを発生させたりすることで、消費エネルギー量の収支をプラスマイナス「ゼロ」化させた住宅のことです。「Net Zero Energy House」の頭文字をとってZEH(ゼッチ)と呼ばれています。そんなZEHには日本ならではの基準が設置されているのですが、一体どのような基準内容になっているのでしょうか。

日本にZEHが求められる理由

ZEHは今、国の推奨により普及率がどんどん増えており2030年までに「新築住宅の平均でZEHを実現させる」といった計画を立てています。住まいにはエアコン、ヒーター、テレビ、照明器具、電子レンジ、洗濯機、給湯機などここに挙げきれないほどの機器が設置されています。このような機器を毎日使っていれば当然、エネルギーも大量に消費していくということになるはずです。

電気以外にも灯油やガスなどを併用している方もほとんどなのではないでしょうか。
人々が生活していくためにはこのようなエネルギーが必要になります。実際、エネルギー消費量をゼロにするということは日本では不可能なのですが、日本政府は省エネとCO2削減の一環でZEHを推進しているのです。平成28年には「第3回気候変動枠組条約締約国会議」にてZEHの必要性が国の定義で定められました。

日本のZEHの定義とは

資源の少ない日本は、エネルギー確保を他の国から輸入してもらっている状況にあるため、エネルギー供給は日本にとって、非常に不安定な位置付けとなっています。2度に渡る石油ショックで限りある資源を大切に使っていこうという省エネ対策を進めてきました。

そんな中で2011年に東日本大震災が発生し、原発事故を招いたことをきっかけにエネルギー政策を大幅に変更することになります。その流れで「エネルギー基本計画」を策定し、エネルギー削減が積極的に行われるようになりました。産業・運輸・業務・家庭の各分野に対してエネルギー削減目標が設定され、住宅に関する規定も盛り込まれたのです。
日本は2030年までに一次エネルギー消費量をプラスマイナスゼロになる住宅を新築住宅の半数以上にしていくという政策目標を掲げています。ZEHの住宅を作る建設会社では一次エネルギー算定プログラムのソフトを使い、1年間のエネルギー消費量を計算してZEHの基準をクリアしていくような設計を作成しています。

ZEHは、断熱性能等を向上させることと高効率な設備システムを導入して室内環境の質を維持しながら省エネを実現させ、一次エネルギー消費量の収支をゼロにする住宅を定義としています。日本は自国で資源がとれないためZEHの条件を持つ住宅を増やし、省エネルギー・CO2削減に積極的に取り組んでいく必要があるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする