ESCO事業によるエネルギーコスト削減

工場やビル、ホテルなどの施設はエネルギーコストがかかりやすいとされています。そこで、エネルギーコストがかかりやすい施設に対して、省エネ化を進める「ESCO事業」が展開されています。なぜESCO事業でエネルギーコストが削減できるのかご紹介しましょう。

ESCO事業は包括的に省エネ化サービスを提供

ESCO事業では、まず対象となる施設にエネルギー診断から始まり、この診断に基づき省エネ化するための改修工事の計画が立案されます。エネルギーコストの削減につながる理由は、その施設が抱える問題に合わせて改修工事が行われるからなのです。しかし、ESCO事業は通常の省エネ改修工事とは異なり、包括的にサービスが提供されます。

省エネ化をするためには太陽光発電やLED照明、監視システムなど設備投資が必要になりますが、これはESCO事業者が賄うので特別資金を用意する必要がありません。また、エネルギーコスト削減の効果についても保証されるため、安心してサービスを利用できます。

資金がなくても省エネ化できる仕組み

ESCO事業では改修工事だけではなく、効果検証や保守、管理までトータルに行っています。なので、改修費用などESCO事業に関するコストは、省エネ化で削減された経費から賄われる仕組みです。つまり、契約期間中にサービス料を支払えばいいだけなので、初期導入に多額のコストをかけずに省エネ化することができます。

もちろん、契約期間中に経費の負担がかかることはありません。契約終了後は削減された経費は施設オーナーの利益となるわけです。

エネルギーコスト削減の効果保証について

省エネ化しても効果が実証されないと不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。ESCO事業はエネルギーコストの削減効果に対して効果検証に徹底しています。
そして、契約内容にはその効果を保証することも含んでいます。もし設備運転を始めて一定基準の削減効果が得られない場合、ESCO事業者が利益やESCO事業の経費、サービス料を負担することになっているのです。

この保証により施設オーナーは安心してサービスを利用することができます。

エスコシステムズは、設備トラブルや障害にも対応

ESCO事業ではサポート体制にも力を入れています。設備のトラブルや故障、障害に対しても迅速に復旧対応をしてくれるので、被害の拡大を抑えることが可能です。

日本はパリ協定に加入しており、地球温暖化につながる温室効果ガスの排出を削減する取り組みを強化しています。エネルギーコストの削減は無駄なコストを減らすだけではなく、環境にとっても良い影響につながることでしょう。コスト削減や環境に対して取り組みたい施設や企業は、ESCO事業で省エネ化を検討してみましょう。

ESCO事業を行っている代表的な業者の1つとして、「ESCO事業本部」などを設けているエスコシステムズなどが挙げられます。各業者によって、特徴や得意とする領域が異なりますので、関心のある方は調べてみると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする