エスコシステムズのサービスの流れ 利用後に変化することとは?

エスコシステムズのサービス

エスコシステムズが提供しているサービスを利用して企業を運営する場合とそうでない場合とでは、大きく運営コストに違いがでてきます。
通常企業運営するためにはスタッフの人材は勿論設備費用に関しても必要になり、さらにその設備を運用するための電力等のライフラインも必要になってきます。
この点を考慮すると起業という行為そのものの敷居が高くなってしまい、その後の運営で利益に転じるまでに時間がかかるので設備設置や維持に関する費用の一部をエスコシステムズが支払うという仕組みで運用できるようにします。
こういった事業の事をエスコ事業と呼んでおり、環境省が定めた制度で多くの企業が導入して起業や運用に関しての敷居を限りなく低く変化させています。
エスコ事業の柱となっている点は特定設備に関する費用のほとんどを投資するという点で、例えば膨大な設置費用の掛かる設備でもエスコ事業者の力があれば簡単に導入できるようになります。
設備費用が高く多くの企業で導入している設備として挙げられるのが太陽光による発電システムで、設置規模によっては自社で必要とされる電力を自給自足で解決した上に、余剰電力を販売する事もできます。
設備の投資費用は後に返済する事になるのですが、余剰電力販売の影響で長い目でみれば利益を獲得する事も可能なので各企業が積極的な導入を考えている傾向があります。

エスコ事業の全体的な流れとしては省エネに関関する設備の導入費用をエスコ事業者で支払うという形になっていますが、一番注目されている点が導入によって発生した不利益に関する点です。
通常太陽光発電システムに限らず、自らの資金で導入したシステムは自社で管理や保守を行っていく事になるため全てが自己責任です。
しかしエスコ事業者に設備の保守や管理を委託する事で、契約者が不利益を得てしまった場合はその不利益をエスコ事業者が支払うという形になっているのです。
これをパフォーマンス契約と呼んでおり、多くの企業が注目している契約方法の一種となっています。
そのため企業力のないエスコ事業者ではサービスの維持が難しく、エスコシステムズの様な充実したサポート体制が整っている企業ではなければ実現する事ができません。
この会社がサポート体制を維持するために行っている努力は他の企業とは大きく違い、顧客との信頼関係を重視した運営を心掛けています。
具体的にはエスコ事業の概要や設置する設備等の詳細を顧客に対して分かりやすく説明できるように、コミュニケーション能力が高いスタッフを育成しておりその人達が運営前と運営中の全ての要素に干渉するようになっています。

エスコシステムズの理念・エスコ事業

これはこの会社の社長の考えで、信頼という点の教育を徹底して行っているため長い時間をかけて多くの企業の信頼を勝ち取る事に成功しました。
この様にエスコ事業の運営は莫大な資金が必要になってくるので、エスコ事業者のみで対応する事はできません。
そこで信頼関係を構築した上でスポンサーについてもらう事が必要になり、エスコシステムズにも多くのスポンサーが付きエスコ事業のサポートを行っています。
二重のサポート体制が利用契約を結んだ企業への援護へとつながり、企業運用を快適な状態へと変化させてくれるような仕組みになっています。
利用契約を行ったら次に具体的な運用方法についてですが、エスコ事業はここ数年で世界での事業展開方法を参考にした上で進化を続けています。
例えば従来のエスコ事業では設置した設備はエスコ事業者の所有物という仕様で、エスコ事業者が管理しやすいような仕組みになっていました。
しかしより契約した企業にメリットがいくように設備に関しての所有権は利用契約を結んだ企業にあるという仕様に変更され、エスコ事業の契約終了後も自社で管理がしやすいようになったのです。
例外として一部の契約では従来の所有物の考え方になってはいますが、この会社の契約はすでに新しい契約方法についての全面的な対応を完了させているので快適な設備運用ができるようになっています。
さてここまで太陽光発電等のライフライン運用を快適にしているエスコ事業ですが、事業者によっては他の事業も展開している事が多くあります。

この会社ではセキュリティシステムの開発や設置、販売等も行っているので企業に必要なシステムの大きな一角を任せる事が可能になっています。
セキュリティシステムに関してはライフラインと同程度の信頼度が必要になってきますが、セキュリティ関係の公的な登録は存在しないためそれ以外の形で信頼を勝ち取れるようにしています。
それが電気工事事業者登録番号と東京都知事認可の一般建設業登録番号と東京都公安委員会認可の古物商許可番号の取得です。
これらは簡単に登録できるようなものではなく、登録したとしても5年毎に更新を行わなくてはならないという仕様の元に運営されています。

サービスの導入まで

国が発行している登録システムであるためその信頼度も高く、太陽光による発電システムは登録電気工事業者としての登録がなければ事業展開ができないのでより上質なサービスを提供しなくてはなりません。
以上の点からこの会社の信頼度は他のエスコ事業者よりも高く、多くの企業が契約する事態になっています。
契約例としては大企業が多くそのネームバリューからか一般家庭でも契約する方が表れています。
なので企業との契約だけでなく一般の方へのサービスも充実させるべくこの会社では住宅設備の企画や設計、施工等も請け負うようにしておりリフォームさえも行う事ができるような企業として成長しました。
但し住宅へのサービスも提供するとなると東京本社だけでは対応する事ができなくなってくるので、大阪支社を用意してより幅広い方に契約してもらおうとする試みが行われています。
勿論大阪のスタッフに関しても人数は少ないですが、社長の信頼を構築するという姿勢を見事に受け継いでおり業績を伸ばす事に成功しています。
この点は多くの住宅で快適な空間が構築されている所からも把握する事がき、その高いクオリティが宣伝になるため口コミで一般の方にも知れ渡るようになりました。

導入が決まったら実際に契約する事になるのですが、設置規模によっては自分で土地を用意しなくてはなりません。
しかし設置面積さえ確保できれば後はその設置面積に適合したシステムをエスコ事業者が開発、設置しその後の保守作業まで全て行ってもらえるのでほとんどする事はありません。
する事といったら省エネ設備を設置した事によってどれだけ省エネが実現できたかという確認する事ですが、計測もエスコ事業者が行ってくれるので確認作業を行うだけになっています。
通常この作業は自分で設備を用意した場合だとその後に必要になる資金の計算や、設備保守をするための専門スタッフの準備も行う事になるため単純に設備費用だけが発生するというだけではなくなってきます。
特に電力関係の専門スタッフは高度な設備であればあるほど法律の元で専用の登録が必要になってくるので、この手間を抑えるためにも企業運用をする上でエスコ事業者との契約は必ず必要という認識が経営者をはじめ多くの方に広まっています。
なので現在自分が運営している企業をより快適な状態に変化させたい方は、エスコシステムズと契約を行いライフラインのコスト限りなく低く抑えて自分が展開している事業の成功率を高くする事をお勧めします。”

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする