株式会社エス・エス・ケイのサービスの流れ 利用後に変化することとは?

株式会社エス・エス・ケイは、1952年9月に、広島県で電気工事業者として創業しました。現在は東京都港区新橋に東京本社を置いており、広島県広島市中区に広島技術開発本部を設置しています。

株式会社エス・エス・ケイの社名は、企業理念である「サービス(Service:奉仕)、サティスファイ(Satisfy:責務の履行)、カインドネス(Kindness:親切心)」の頭文字を取っており、思想の基、自然環境維持、保有資源保護を目的とし、地球環境に貢献できる企業を目指しています。また、財団法人省エネルギーセンター、全日本電気工事組合連合会、広島商工会議所、東京商工会議所の登録団体になっています。

1952年の創業以来、株式会社エス・エス・ケイは、デマンド・コントローラー・メーカーとして成長を続けてきましたが、これまでの主軸事業であった空調制御、照明の省エネルギー化だけではなく、新しいお客様にもサービスを使っていただくため、新しい技術開発にも積極的に取り組んできました。

2,000社以上のお客様に利用、導入頂いたデマンド・コントローラー事業を主軸にしながらも、2011年に新エネルギー事業部を新しく設置し、地球環境や今後の経済状況の変化に合わせた最先端の技術を取り込める組織体制を構築しました。また、2012年に営業戦略室を作り、国内外、業界内外の市場リサーチやマーケティング、最新スキームの実施、運用などにも注力し、企業としての進化を継続しています。

株式会社エス・エス・ケイの商品やサービスを、検討、導入頂く際の流れは、非常にシンプルです。電話やメールにてご連絡を頂ければ、お客様が現在置かれている状況について確認をさせていただきます。現在、お客様がお使いの空調機の形式の情報を頂き、省エネルギー正業が実施可能であるかどうか検証します。その際、消費電力などの情報も重要になってきます。必要に応じて、株式会社エス・エス・ケイのスタッフやパートナーが現地に赴き、確認をすることも可能です。

続いて、現在使用されている照明機器の型式も必要になります。使用中の照明機器をLED照明に変更することで、どれだけのワット数を削減できるか算出するためのプロセスになります。その後、直近の電気料金明細1年分を確認させていただき、さかのぼって分析させていただくことで、事業環境に影響を与えない省エネルギー対策を実現しやすくなります。”

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする