株式会社シントーのサービスの流れ 利用後に変化することとは?

株式会社シントーは、電気設備工事を主体として1969年1月に設立され、愛知県名古屋市西区に本社を構えています。電気、管、建築、土木などに関する建築業の許可を国土交通省から受けており、電気事業者届出を経済産業省に行っています。

現在は、電気設備工事に加えて、コンピューターシステムとソフトウェアの開発、省エネルギー設備の企画設計、プラント、工場などの特別高圧受電、発電、変電設備の設計などのサービスを提供し、時代に合わせるだけではなく、一歩先を行く技術を開発して、業務拡大を続けてきました。

最近は、エレクトロニクス技術の改善に努め、高度な医療分野、航空機器のメンテナンス分野、省エネルギー、環境保全プロジェクトなどの最先端事業にも参画しています。株式会社シントーが持つ技術と蓄積してきた経験をいかしながら、人に、環境に優しい社会の実現に向けて、日々努力を続けています。

株式会社シントーは、特高変電所関連事業、太陽光関連事業、ESCO関連事業、電気設備・発電関連事業、省エネルギー提案事業、開発関連事業など、様々なサービスを提供しており、多くのお客様にご利用頂いています。

中でも、電気設備・発電関連事業は、株式会社シントーが設立時から行っている業務でもあり、高い評価を受けています。確かな技術力と新鮮な企画力によって、空間の広さに応じた利用目的に過不足のない証明や九兆、高齢者から子供まで不特定多数の方々を対象とした安全確保セキュリティ・システムなどをお届けしています。きめ細かい配慮と確かな技術力をベースに、最適なプロセスを提案しており、お客様にはポジティブな変化を感じていただいています。

太陽光発電事業についても、豊富な実績があり、クリーンエネルギーの代表として、法人、個人のお客様から導入の依頼を頂いています。二酸化炭素を排出しない太陽光発電は、地球環境への貢献が大きく、法人のお客様にとっては、導入によって企業のイメージアップも狙うことができます。環境に優しい経営を行うことは、経済界が向かっている一つの大きな流れであり、工場やプラントなどの二酸化炭素排出設備を持つ企業にとって、特に環境への配慮が求められます。

太陽光発電で発電した電力を設備の中で利用することによって、受電電力量削減につながり、コストカットを図ることができます。また、災害時にも太陽光発電は機能することが多いため、停電などの非常時にもビジネスを行うことが可能になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする